ニュースセンター     技術応用

技術応用

SONY IMX347LQR CMOSイメージセンサーの紹介 2019-10-07
昔も今も、SONYは優れた性能と高い競争力が備わっている専門的な監視用CMOSイメージセンサーを提供し続けてきました。最近発表された型番はIMX347と言う、有効ピクセル4.17Mの裏面照射式(Back-illuminated )CMOSイメージセンサー。その特徴には正方形ピクセル配列、多重露出(Digital Overlap)-HDRモードなどが含まれています。

SONY IMX347は2668(H) x 1520(V)の解像度、ADC 10ビットのモードにおいて、90フレーム/秒の速度で高画質な映像を出力させる事ができます。また、30フレーム/秒ではDOL-HDR(ハイダイナミックレンジ)機能を対応する事ができます。この他、R・G・Bモザイクフィルタを採用しており、高い感度、低い暗電流、残像のない画質を実現する事ができます。SONY IMX347はプロフェッショナルな監視カメラ、工業用カメラなどに応用させる事ができます。


                                                       IMX347低照度の映像

主な規格

Model name  

IMX347

Image size

Diagonal: 9.04mm (type 1/1.8)

Number of effective pixels                  

2688 (H) × 1520 (V) approx. 4.09 M pixels

Unit cell size

2.9μm (H) × 2.9μm (V)

Full pixel / Frame rate

10bit 90fps

Sensitivity 
(F5.6 standard value)

11092 digits
( 1/30 s accumulation,12 bit converted value)                                                    

Saturation signal
(minimum value)   

3895 digits 
(12 bit converted value)

Voltage

Analog

2.9V

Digital

1.2V

Interface

1.8V

Main function

Multiple exposure HDR
Digital overlap HDR

Output

MIPI D-PHY 2/4 lanes, RAW10 / RAW12

Color filter array    

Bayer array

Package

132 pin LGA

このページのトップへ
  次のページ SONY GVIFデジタルインターフェースの紹介(2019-09-18)