ニュースセンター     製品情報

製品情報

SONYが正式な車両規格裏面照射式IMX490 CMOS Sensorを発表 2019-06-19

IMX490 は 1/1.55 5.44 mega pixelの高感度スタック式BI CMOS sensorであり、ワイドダイナミックレンジとLED Flicker出力のsensorを同時に達成する事ができ、更にwide angleの視角を提供してより多くの映像を獲得し、自動運転の分析に利用させる事ができます。IMX490はワイドダイナミックレンジに120dB 3fps DOL HDRの出力を提供し、感度では2280mv(standard value :F5.6)まで達しています。

主な特徴:
1・wide angleの視角の比較

2.LED Flicker with HDR 
  

3・正式のスタンダードな自動車安全認証規範に適合しています
AEC-Q100 Grade 2.
ASIL -D

Specifications 

Model name

IMX490

Number of effective pixels

2896 (H) x 1876 (V) 5.4 megapixels

Image size

Diagonal 10.36mm (type 1/1.55)

Unit cell size

3.0μm (H) x 3.0μm (V)

Frame rate

Full pixel reading

AD 10bit 40 fps , 12bit 30fps

Sensitivity (F5.6 standard value, 1/30 second exposure time)

2280 mV (Green pixel)

Dynamic range (EMVA1288 standard)

120dB

Power supply

Analog

3.3V

Digital

1.1V

Interface

1.8V

Interface

MIPI CSI-2 serial output (4 lane / 2 lane)

Package

124pin plastic BGA

Package size

15.35mm x 11.68mm


参考データ http://www.roqstar.net/japanese/05_news/https://www.sony-semicon.co.jp/products_en/IS/sensor4/index.html

このページのトップへ
  前のページ HiSiliconスマートチップが二種類の使い捨てインプラントAIチップを発表(2019-06-20)
  次のページ SONYがハイエンドマシンビジョン向けの新しいセンサーを発表(2019-05-23)